Type your search keyword, and press enter

About the Author

admin

何かを写真や映像に収めるには環境と機材と設定とが条件を満たしていることが必要です

何かを写真や映像に収めるには環境と機材と設定とが条件を満たしていることが必要です。。人や物の動きを止めて撮るには、それらを止めるかぶれないシャッタスピードにしなければならず、この点で暗い場所では基本的に撮れないものだと見なすのが普通です。。。カメラからごく近い場所の人物だけを止めて写すことさえできればストロボを直接照射することで撮ることはできますが、背景が真っ暗になるのは避けられませんし、背景を適正露出にしたければ、クリップオンストロボでは無数に用意しなければ足りませんし、近くの人物を撮るにもCanonフラッシュライトでは430EXで正面方向3,4メータ以内のの2~3人か、600EXでも同じく5メータ以内の3,4人がせいぜいでしょうね。。。最も確実なのは環境の定常光を強めることですが、それができない場合は、撮ることができないと考えましょう。。。最大限に努力するにしても、複数台のクリップオンストロボと、ISO2000以上が実用的なカメラ…ということでフルサイズ機と開放絞りF2以下のレンズを用意して、絞り開放で撮って写れば可、写らなければ不可と判断するくらいしかできません。。焦点距離はあなたがどう撮りたいかから選択して下さい。。。シャッタスピードの目安は、ポーズを取って静止している人物で1/60秒以下、動いている人物では動きの速さに応じて1/150秒や1/1000秒以下程度が標準です。

借りている人への補償、交渉は市役所が行います

借りている人への補償、交渉は市役所が行います。。ご実家の金額的な負担としては、敷金を受け取っていれば丸々返金するくらいです。。。ご実家の方からは、「道路ができるので立ち退きになります。今後は市役所の方が説明に来ますので、対応をお願いします」と伝えておけばいいです。。。。「賃借人は、少しでもお金が出ないか、市に問い合わせると言っているようです。。引っ越し代、新物件の初期費用、同じ広さの賃貸価格相場との差額の○○ヶ月分など、色んなサイトを見ると賃借人は請求出来ると記載されていました。その請求は、道路をつくる市側なのでしょうか?」。。少しどころか、充分な額が出ますよ。。近隣相場よりも格安で貸されていたということですので、家賃差額補償が発生する可能性がありますね。。差額によりますが、最低でも2年分補償されます。。近隣相場は役所が調査して決めます。。仮に差額が1万円だったとして、24ヶ月分の24万円が補償されます。。その他、引っ越し挨拶状や挨拶回りに持っていく粗品代、引っ越し会社に払う費用とは別に手間代としての金額もありますので、普通に引っ越しだけなら絶対に余ります。。引っ越しついでにあれこれ新調すれば別ですけどね。。。。ご実家としては市からの話しは、文書でもらうか、正確にメモして貸している方にも渡して、現状、どういった段階であるのかを共有しておいた方がいいです。。または、市が来たら、貸している方も呼んで同席してもらうこともいいかもしれません。。ご実家が隠し事をしているかも?という思いを、貸している方に与えないためにも。。。市は土地が欲しいので、まずは土地所有者に話しが行きます。借家の場合、生活基盤である居住地を失うかもしれない住民への対応が遅くなるので、噂を聞きつけた住民が不安や怒りを感じるのです。